アメリカのギターアンプについて語るとき、まず思い浮かぶのはこのブランドでしょう。1940年代後半にカリフォルニアでスタートして以来、彼らは素晴らしいサウンドと最も録音されたギターアンプをデザイン、製作してきました。彼らのブラックフェイス、ブラウンフェイス、ツイード、そしてモダンなデザインのアンプは正にアメリカンサウンドそのものです。
1960年代半ばにブラックフェイスのアンプシリーズがリリースされ、当時のエレキギターのサウンドは大きく変化しました。その名高く代表とされるのが12インチスピーカーを2発備えたモデルと、22W12インチ1発のコンボアンプです。この2つのうち、大きいものはジャズからファンクまであらゆるジャンルに理想的なクリーンチューブアンプであり、ハードロックプレイヤーのバックにも置かれていました。
エレクトリックギターのアンプトーンのリストを完成させるために、Synergy T/DLXモジュールは必需品となるでしょう。カリフォルニアの象徴的な2つのギターアンプの音色を引き出すために細かく設計されたT/DLXモジュールは、美しいヴィンテージトーンを鳴らします。1つのチャンネルでペダルプラットフォームとしても理想的な高いヘッドルームを備えたクリーントーンを得ることができ、もう1つのチャンネルでゲインをあげれば真空管をドライブさせた1 x 12コンボアンプを感じることができるでしょう。T/DLXモジュールはあなたのシステムで素晴らしいサウンドを出せるように、ブライトスイッチとタイトスイッチを備えています。ギタリストの求める1960年代のカリフォルニアのサウンドをT/DLXモジュールで見つけることができます。
Synergy T/DLXモジュール:完全独立2CH(Gain、Volume、3Band EQ、3ポジションBrightスイッチ、3ポジションTightスイッチ)
<仕様>
Tube Preamp module
Tube:12AX7 x2
フロントパネルコントロール:2 x GAIN , 2 x VOLUME , 2 x BASS , 2 x MID , 2 x TREBLE , 2 x three-position Bright switches , 2 x three-position Tight switches
外寸:5.5″ x 7″ x 1.5″
14.0cm x 17.8cm x 3.8cm /(LxWxH)
重量:1 lbs. / 0.45kg

100%品質 TDLX-module SYNERGY SYNERGY-プリアンプ

100%品質 TDLX-module SYNERGY SYNERGY-プリアンプ

 小学生の頃一つ下の幼馴染でT君って子が居て、家も近所で母親同士仲が良くて家族ぐるみで結構付き合いがあったんだけど、高学年に上がる位にT家は一軒家を購入して引越ししてしまった。 引越しといっても車で30分もすれば行ける所だったから頻繁とまで行かなくても年に数回くらいは遊びに行ったりしてた。 (母親はもうちょい頻繁だったかも)  んで、最初はあんまり気にならなかったんだ…

続きを読む

守護してくれている三本指のご先祖様

 2016.08.12     オカルト・超常現象     コメントを書く

検索

アーカイブ

怖いコピペを共有

怖いコピペSNS